読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〓気づき

●愛すべきだが、とんでもない親父

(神話シリーズ)

記事「神話シリーズ」の中におけます、

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/c/10b59e9c3cc62d3c9255507d231f7c2f

「神話と転写 その1」〜

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/4ca98a05d3d65011263ffd74a82595ef

「神話と転写 その6」

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/407589db4fc4c8db1305c46e21367660

などのように、神話が現代社会にも「原型」として繰り返しリピート再生する可能性を述べました。

その転写は、現代社会でも色々なパターンで生じると感じます。

神話では、

大山祇神(おおやまつみのかみ・スサノオ神が正体)の娘には、2名の姉妹の女神様がいました。

*長女は、石長姫(イワナガヒメ)。

私の感得では、御嶽山磐梯山に神縁が在る女神。

永遠性・長生き、を与える・分与することが出来る、という御神徳を天から与えられている女神。

*次女は、木花開耶姫(このはなさくやひめ)。富士山の主祭神

長女は、非常に真面目で、素直で、純粋で、責任感の強い愛情の深い女神でした。

父神・スサノオ神の言うことを良く聞き、スサノオ神も国を任せる男系男子に嫁がせるのは長女・イワナガヒメだと思っていました。

次女は、とても華やかな神性。国土を明るく繁栄させる御神徳を持ちます。

スサノオ神は、次女は男性国土神を支えるにはか弱く感じ、国を背負う逞しい男性に嫁いで守ってもらうことが良いと考えていました。

ただ、父神・スサノオ神が男親として少し気掛かりなことは、次女の美貌が勝ることを、長女が気にしていないか?

ということでした。これを不憫に思い、ひそかに心配をしていました。

長女も清楚で十分に美人な女神様でしたが、特に次女の美貌が華やかで、国土中に知れ渡るほどでした。

だからスサノオ神は、

・良い男性が現れれば、二人姉妹ともに同時に一人の男性に嫁がせれば、みな平等で丸く収まるのでは?

・これは良いアイデアだ。

という無骨な男親の特有な、とんでもない発想をして、これを本当に実行します。(なんということでしょうか?!!)

さて、神話のとんでもないこのスサノオ神の発想は、現代社会にどんな転写を生むのでしょうか?

これだけでも、色々なパターンが浮かびます。

まず浮かびます1例としては、

*神話で、姉妹を一人の男性に嫁がせた。

という原型・原盤は、

長女が素晴らしい男性と出会い、家族に紹介します。

すると次女は、とにかく理由が不明に、姉の恋人を非常に好きになってしまいます。

自分でも「ありえない!」と思っていても、神話の転写は許してはくれません。

すると次女は、義兄を陰から思い続けて、晩婚になってしまう。

な〜〜んて言う転写が現代社会で起こって来たかも知れません。

まだまだ色々な転写が有りそうです。

まあ言えますことは、とにかくスサノオ神の発想は予想を超えるトンデモナイということでした。

Pleiades.の髭男