読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

円相場大きく値上がり 米政権先行き不透明感で

17日の東京外国為替市場は、アメリカのトランプ政権の先行きに対する不透明感からドルを売って円を買う動きが進み、円相場は大きく値上がりしました。

午後5時時点の円相場は、16日と比べて1円1銭、円高ドル安の1ドル=112円44銭〜45銭でした。一方、ユーロに対しては、16日と比べて44銭、円高ユーロ安の1ユーロ=124円68銭〜72銭でした。ユーロは、ドルに対しては、1ユーロ=1.1088〜89ドルでした。

市場関係者は「トランプ政権の先行きに対して不透明感が広がり、主要な通貨に対してドルが売られやすい展開となった。為替相場は、当面、トランプ大統領をめぐる問題に対して議会側がどう反応するかなどアメリカの政治情勢に左右される状況が続きそうだ」と話しています。

・・・

うわっちゃー 地固めするかと思いきや こうきたかとなると

明日は荒れそうですね というか暫く続くと見ていいかな。

そして2万円前に売った人は よかったかな? ただこれも今後は

議会側がどう反応するかによるみたいだから 時間がたたない

とわかりらないと言うことかな。