読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ:「浪江町井手地区の林野火災現場周辺の環境放射線モニタリング状況等について(第10報)」

防衛省HPに派遣命令についての情報が更新されていないので、前日に「放射性セシウム上昇!」と放射脳のみなさまが小躍りした検査結果を見たら、あっさりと下落。

「下がってもニュースにならん」わけですが、山の中にはそもそもモニタリングのポイントが少ないので、長期間のデータなんかありゃしません。

「2017年5月10日 地方版 浪江・十万山の山林火災:放射性セシウム、3〜9倍に上昇 /福島 - 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に指定されている浪江町井手の十万山で起きた山林火災で、県は9日、周辺3カ所で8日測定した大気中を浮遊するちりの放射性セシウム137の濃度が前日の約3〜9倍に上がったと発表した。

 県放射線監視室によると、

浪江町井手のやすらぎ荘が1立方メートルあたり3・59ミリベクレルで3・23倍

双葉町石熊の石熊公民館が同7・63ミリベクレルで8・98倍

大熊町野上の野上一区地区集会所が同1・35ミリベクレルで3・86倍−−。

https://mainichi.jp/articles/20170510/ddl/k07/040/020000c

防衛省自衛隊:お知らせ」

http://www.mod.go.jp/j/press/news/index.html

浪江町井手地区の林野火災現場周辺の環境放射線モニタリング状況等について(第10報)」

5月5日より火災現場である十万山近傍3箇所に可搬型モニタリングポストを設置し、連続測定を実施しております。

可搬型モニタリングポスト及びサーベイメータによる測定結果は、昨日と比較して変動はありません(図1・表1)。

従前より火災現場周辺に設置してあるモニタリングポストでの空間線量率の測定結果については、火災前と比較して大きな変動はありません(図2)。

十万山近傍での大気浮遊じん(ダスト)のセシウム 137 の測定結果は、0.31〜1.32 mBq/m3の範囲であり、直近2カ年の発電所周辺環境モニタリング調査結果と比べ、ほぼ同程度の測定値でした。

なお、県が設置しているモニタリングポストで測定している大気浮遊じんの測定値も火災前と比較して変動はありませんでした。

http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/215765.pdf

浪江町の林野火災(5月10日鎮火)における放射線モニタリング状況等をお知らせします。 - 福島県ホームページ」

 4月29日に発生した福島県浪江町の山火事は、5月10日に鎮火しましたが、県では、引き続き放射線モニタリングを実施し、測定結果の公表と正確な情報発信を行ってまいります。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/0502monitoring.html

「2017年05月09日  国が放射性物質調査へ 浪江の山林火災、正確な情報発信:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet」

東京電力福島第1原発事故に伴い帰還困難区域になっている浪江町井手の十万山の山林火災を受け、林野庁は延焼地域で放射性物質の分布や濃度などを確認する現地調査を行う方針を固めた。

実施時期については鎮火時期を見極めながら迅速に行う方向で調整を進めている。調査で収集したデータは環境省や県、地元自治体などと共有し、正確な情報発信に生かす。

 火災発生後、インターネット上で放射性物質の拡散など健康不安をあおる信ぴょう性の低い情報が拡散する中、国は早期に現地調査を実施することで、本県の現状を国内外に正しく発信する考えだ。

 放射性物質の調査は火災が収まった後、専門家や林野庁の担当者が現地の状況を確認し、具体的な方法や範囲などを検討した上で行う。林野庁は「調査に必要な期間の見込みは立っていない」とした上で、放射性物質の拡散への不安を払拭(ふっしょく)するため、調査の途中段階での情報提供も視野に入れている。

 一方、県は十万山周辺に設置された放射線監視装置(モニタリングポスト)などの測定値や林野庁の調査結果を基に、有識者の意見を得た上で、火災に伴う放射性物質の影響を評価する方針だ。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170509-170433.php

■浪江の山火事、12日目で鎮火 放射線数値の変動なし

(朝日新聞デジタル - 05月10日 22:54)