読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬服クリーニング

昨年、自宅駅前のクリーニング店が廃業してしまった。そうなると、

1、隣街の駅前店まで持っていくか、2、宅配便で受け渡しするか、3、自分で洗濯するか

のいずれかを考えた。そんで、夏服は自分で洗濯してアイロンがけまでやってみた。めんどくさいと思っていたが、やってみると面白く、結構うまくできた(筈だ)。

さて、そろそろ冬服の洗濯だけど、コートはうまくできるかな。周囲の人は皆、クリーニング店に出しているようだ。洗濯機は避けた方が良さそうだし、今回も、浴槽での押し洗いが安全そうだ。

 クリーニング会社の社長に話を聞くと、やはり売上が減っていて、経営が苦しいそうだ。ワイシャツとかブラウスは自分で洗う人が増え、出す客も、クリーニングに出す回数を減らしているらしい。高級服の売り上げが落ちていることも影響しているのだろう。婦人服ブティックの店長も嘆いている。

 インターネットで調べてみると、ドライクリーニングよりも、水洗いの方がきれいになるらしい。そういえば、夏服も、ドライクリーニングは薬品臭かったが、水洗いごは洗剤の香織がしてソフトに仕上がったっけ。

僕みたいな、マメでズボラ人間が増えると、益々クリーニング店の廃業が増えるんじゃなかろうか。いやいや、それなら逆だろう。やはりクリーニング代の節約が一番の原因かな。形状記憶シャツでアイロン無用が主流だからね。形状記憶コート」なんてのは無いかな。洗濯機で洗えると楽なんだけどさ。デニムのコートで、ヨレヨレの擦り切れたのがカッコいい、なんて時代になると楽なんだけどね。