読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクマ必笑ライブ

今回参加したライブは東海地区では著名な方で『タクマ』さんと言います(以下タクちゃん)

20歳の頃にラジオを聞いてプチハマり(トークがウマイ)名古屋栄の地下街の公開放送で初めてお目にかかりました

それから20年余りの時が過ぎ平日休みに車内で偶然放送を聞いてライブに申し込むとチケットを入手出来ました

チケットは約2時間で完売したそうです

タクちゃんは兵庫県尼崎生まれの西宮育ちでトークは勿論ですがマジックショーも凄いです

オカン達も1度観に行き凄いと言ってました

当日は半日勤務をしてまずはランチ目的で名古屋に向かいます

名古屋市天白区にある『寅安』に決めました

こちらは昔ながらの洋食屋でとにかく量が多いのと安いので有名らしいです

到着したのは午後の1時30分を過ぎていたのにまだ並んでました

今更引き返しても仕方ないので並びます

約30分程すると席に座れました

色々ある中で名物の唐揚げ定食かカニクリームコロッケ定食で悩みましたが唐揚げ定食に決めました

唐揚げ定食は鶏肉不足でSサイズのみの注文になりました

値段は\680唐揚げが6個程付きご飯は『中小ミニ』とあり私はミニを注文しました

唐揚げ定食が来ましたが見てビックリです

唐揚げむっちゃデカイし量も6個と言いながら10個近くあります

唐揚げがデカすぎてつけ添えのサラダが見えません

ご飯も小を注文したのにデカイ茶碗にこんもりと盛られていました

嫌な予感がしたから中でなく小にして正解…ってゆーかミニでも良かったくらいのサイズです

怯みながらもいただきます

ここからは格闘技です

とにかくバランス的に唐揚げを優先して食べないと箸休めのライスや味噌汁サラダは直ぐに無くなる気がしました

周りではギブアップしてパックを注文してお持ち帰りする男子もチラホラ見えましたがどうにかこうにか完食できました

これで\680は何か申し訳ないです

普通の唐揚げ定食の量は如何ほどなのか想像がつきません

店を出ると3時を過ぎてました

会場となる名古屋市芸術創造センターに向かいます

開場には早いのでコンビニに立ち寄り時間調整をします

開演の15分前に入場しました

そしてライブの始まりです

最初の影アナ(前説)は森友学園ネタで開場が大爆笑

ツカミは完璧です

オーディエンスの層はAMラジオの聴衆者らしく殆んどが60歳を越えた方が多数見えました

タクちゃん自身も今年で還暦と言ってみえましたがとても還暦には見えず若々しいです

最初はタクちゃんの親友であるフリーランスのアナウンサーが司会をされトークショーからスタートです

私的にタクちゃんの魅力はマジックよりもトークにあります

全国的に売れている芸人よりも上だと思います(ハードル上げすぎ!?)

トークショーは一旦切り上げマジックショーになります

家族総出のマジックショーもありました

タクちゃんの奥さんは元女子アナだけあって綺麗な方です

奥さんが登場した場面では道具に不備がありマジックは成功しましたが奥さんが約1メートルの場所からすべり台みたく落下しましたがすかさずタクちゃんがフォローしました

一人息子も今年から高校生になりソロでマジックを披露したりタクちゃんをサポートしていました

途中で息子さんの足跡が紹介されました

奥さんは息子さんがお腹にいる妊娠7〜8ヶ月まで舞台に出られ息子さんも物心つく前から舞台に出て5歳でマジックデビューされました

途中で私達がいる観覧席にいた神野三枝さんが紹介されました

神野さんもタクちゃん同様に平日の帯番組で活躍されておりましたが共演していたパーソナリティの暴力により自宅療養されてみえました

神野さんは深々と頭を下げられ再びタクちゃんのトーク&マジックショーになります

約2時間30分に及ぶライブは終了になりました

帰り際に観覧席の1部で人だかりが出来ており神野さんにオーディエンス達が声をかけてみえました

私も話しを聞きに行くとあの事件以来引きこもりがちでしたがラジオ会社の社長から復帰する事がファンへの恩返しになると言われ神野さんは復帰を決意したとのことです

握手もしていただけました

今後とも頑張ってほしいです

初めてのタクちゃんのライブは大変楽しめました

来年も参戦出来たらイイナと思う今日この頃です

おしまい