読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は父怪獣は出張です

明日の夜には帰って来ますけどね

今日は夜中からずっと雨が降っています。(サスガ雨男)

でも、父怪獣が静岡を離れた頃から雨足が弱くなって来たし、空も明るくなって来たから、そろそろ雨も上がるかな?

(^w^) ぶぶぶ・・・

でも、またイジケルと困るので、このことは言わないでおきましょう

さて、異動が決まったDちゃん先生ですが…

B先生の話では、どうやら事務局に直談判したらしいです

【他のクラブに変えてくれないなら、辞めます】と。

ヽ(^。^)ノアリャアリャ

それはさぞ1グループの先生たちの逆鱗に触れただろうなぁ…というのは、B先生の話ぶりを見ているだけで想像がつきました

さぞ『やっぱり常識が無い子だよね』と盛り上がったことでしょう

私も【日本人の感覚】で考えれば『とにかく1年は踏ん張ってみれば良かったのになぁ…』と思いましたが、アメリカからの帰国子女であるDちゃん先生には【精神を病みそうな職場で1年耐えること】は、考えられないことだったのかもしれませんね〜

でも、新しい異動先はF先生が元いたクラブですから、先生同士の【イジメ】があったことはF先生から聞いています。

多分、どこの児童クラブに異動になっても、始めの1年は【辞めたい病】になるんじゃないかな?

それくらい、今の児童クラブの現状は悪いです。

誰もが【絵に描いた餅】のような理想論を掲げながら、陰ではイジメ・悪口・暴言三昧なんだろうな…

こんな状況で指導員が増えるはずはないでしょう。

だから事務局としても【指導員に注意しにくい】状況になってしまっているんだと思います。

多分、今回のように【気に入らない人を異動させる】というのは、過去にも普通にあったのでしょうね。

そして、それを受け入れるしかない事務局…

悪循環の繰り返しです。

そんな中で、これから先も続けていく為には、私も相当の覚悟が必要だな…と、あらためて思いました

ただ、1グループの先生たちに対して【敵対心】で戦うのではなく、【私の指導方法】として認めて貰えるように、今まで通りに接して行こうとは思っています。

【子どもに恥ずかしくない指導】をしていけばいいだけですから、そんなに難しいことでは無いはずです。

そんな中で、1グループの先生たちが少しずつでも変わって行ってくれたらいいなぁ…とは思いますけどね〜♪