読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆2月25日誕生日はこの方!

 おはようさんです。半ドン、仕事に励みます。今日はJリーグ開幕ですね。野球ファンの友達さんもいますからちゃんと気配りで年に数回の野球ネタをマクラにします(笑)。動画は野球の本場のアメリカの大学野球の全米選手権の試合の中継のようです。試合が面白くないのかライヴカメラはスタンドの少年をズームイン!なんだか退屈そうなその少年もカメラに気がつきます。にらめっこスタート(笑)。これを観ているのはテレビの前の視聴者と中継陣・・・。Jリーグ、退屈な試合のないことを願っています(-_^)。プロ野球は開幕前に大会あるんですね。頑張って優勝、サムライ・ジャパン(-_^)。

https://www.youtube.com/watch?v=ONOr1TuNXq4&feature=youtu.be

 前置きはこんなもんで、ハイ、楽しいシーズンに期待します。個人的には何がなんでも残留わんこ!開幕からこれしかないんだもんなぁ(トホホ)。

https://youtu.be/DM8S5g2vixw

フットボールの楽しさ伝播のため愛の玉蹴り伝道師(笑)が凹まずお薦めの今日の動画はこれだ(-_☆)V!ハイ、我がわんこチームのヴァンフォーレ甲府Jリーグ開幕の日なのに除け者か(^^;、明日に試合です。相手はこのACL出場の22日のこちら。

 このグループはG大阪(Jリーグ4位)とこのカードの対戦相手のアデレード・ユナイテッド(オーストラリアAリーグ・グランドファイナル優勝)と他に江蘇蘇寧(中国超級リーグ2位)と済州ユナイテッド(韓国Kリーグ・クラシック3位)です。それぞれの国内リーグの成績から言えばプレイオフで勝ち上がったガンバが最も順位は下ですが、ガンバはACLにおいて最も良い成績(優勝)の実績があります。勿論、その頃と監督も選手もまた殆どが違います。が、アウェーの長距離厳しい日程の初戦、勝つのみです。元バルセロナのアモールが監督のアデレードがこのグループでは手強いとの予想もありましたが・・・。

 ハインドマーシュ・スタジアムに乗り込んだガンバ、前半から優勢で、特にJでの試合で要注意の倉田秋今野泰幸の攻撃を仕掛けるコンビネーションは既に仕上がっている様ででそんな中から21分、これまたアデミウソンと攻撃の頭となる長身長沢駿がヘッドで決め手先制します。そして前半もアディショナルタイムに入った終了近くに左サイドからアデミウソンのクロス→井手口陽介のシュート→相手GKが弾いたところを今野が押し込んで追加点。後半36分、遠藤のFK→DFの三浦弦太のヘディング・シュート→相手DFに当たってオウンゴールの3点目。内容は終始ガンバのペースでオーストラリアAリーグ覇者をそう苦しむことも無くクリーンシートでまず1勝。明日はこの試合で活躍の選手は無理しないで休んで下さい(^^;。

・AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)2017・グループH第1節 アデレード・ユナイテッドFC (0-3) ガンバ大阪

https://www.youtube.com/watch?v=9d41LddJcVA

※新規な方が見つかり難くなりつつあります(苦笑)。まだやるかの何年目突入か忘れてますが東西ミュージシャン(楽曲指名もOK)でもぞの分野の誰でも誕生日アップのリクエスト募集中。365日いつでも歓迎。下書きは大凡作ってありますが出来たら前日より前にお願いします。

★今日2月25日誕生日はこの方!

山形県最上郡最上町生まれの漫談家でタレント、俳優、ケーシー高峰(1934)。父親は商社勤務で海外音楽のレコード収集家で母親産婦人科医の医者の家系。日大入学は医学部も芸術部に変更とかなんとか(同級生に宍戸錠)。師匠は大空ヒットまたはリーガル天才で当初は漫才での活動。68年憧れの高峰秀子からいただいて現在の芸名にしてエロから医事ネタの漫談で、度々死亡説流れる昨今(^^;ですが頑張っていますね。東日本大震災の時、東京から晩年の住いにと福島に越していたそうで、今も福島県を拠点に被災地応援公演ですね。

・北海道留萌市生まれのポップ歌謡曲シンガーでSW(作曲・編曲家)、ピアニストでギタリスト、森田公一(1940)。↑は先輩にあたる日大芸術学部中退。CM曲を多く手掛けていますが今も毎週日曜夜流れる「青雲」はお線香のCM曲の作者で76年「青春時代」が自ら歌った代表曲はトップギャランのリーダーでした。

・東京都世田谷区生まれのポップ・ロック・シンガーでSW、ピアニストでキーボード奏者、近田春夫(1951)。3歳からピアノを習い慶応義塾幼稚舎から慶應コースで大学文学部進学も音楽活動でとうとう退学。とにかくいろいろやっているのですが・・・。雑誌連載は面白く読みました。目指すはタンクトップの似合う50代!でしたがどうだったんですかね。

大阪府茨木市生まれの落語家、俳優、桂吉弥(1971)。両親は養護学校(現、支援学校)教員。大学在学中に94年桂吉朝に入門中学まではブラスバンド部で高校はサッカー部だったのでTwitterではよくフットボールのネタでつぶやいてます(^^;。全国区の知名度アップは朝ドラ「ちりとてちん」出演でしたね。

★2月25日誕生日はこの方!(新規で〜す()

■今日誕生日!大阪府のどことか生まれで岐阜県のどことか育ちの俳優でタレント、寺脇康文(1962)。子供時代は漫画家志望だったとか。大学受験失敗後に愛知県名古屋市にある俳優養成所で学び84年三宅裕司主宰の「劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」に入り活躍を経て共に団員だった岸谷五朗と94年ユニット「地球ゴージャス」を結成して舞台を中心に活動で並行して映画やテレビのドラマ等の広い分野で活躍ですね。テレビでは96年「王様のブランチ」での司会等ありますがその中でも個人的にも彼が出演時の8年間のシリーズ7までのよく観ていた自自らが大ファンの水谷豊との「相棒」初代コンビ役ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=_vXs4HMwMcs

◆前回までに登場の2月25日誕生日洋楽ミュージシャン!

・イギリスのランカシャー州サルフォードのブロートン(現、グレーター・マンチェスター)生まれでランカシャー州プレストウィッチ育ちのブルース系ロック・シンガー、エルキー・ブルックス(Elkie Brooks 1945)。70年ダダ(Dada)で71〜73年までヴィネガー・ジョー(Vinegar Joe)でリードVoとして活躍。ソロとして全英で77〜87年にかけて13曲がチャート入りでその内の3曲がトップ10ヒットのイギリスでのブルースの女王と言われたらしいハスキー・ヴォイスが魅力でした。

ニューヨーク州ロングアイランド生まれのロック・シンガーでSW、マルチ・プレイヤー(ベース、ギター・キーボード・オルガン・ドラム・フィドル・ヴァイオリン・チェロ・ビオラ等)、ダグ・ユール(Doug Yule 1947)。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドVelvet Underground)(68〜73年)やアメリカン・フライヤー(American Flyer)の主にベース担当でした。

スコットランドのロージアン州エディンバラ生まれのギタリストでベーシスト、SW、スチュワート・ウッド(Stuart Wood 1957)。ベイ・シティ・ローラーズ(The Bay City Rollers)に73年から参加でリズム・ギターとベースで演奏支えた‘ウッディ’ですね。

インディアナ州インディアナポリス生まれのR&Bシンガー、俳優、ケボン・エドモンズ(Kevon Edmonds 1957)。ベイビーフェイス(ケネス・エドモンズ)(Babyface: Kenneth Edmonds)とメルヴィン・エドモンズ(Melvin Edmonds)は共に弟で6人兄弟の4男。10代は教会の聖歌隊や学校の合唱団で音楽活動→88年から弟等と知人キース・ミッチェル(Keith Mitchell)とアフター7(After 7)で活躍。その後プロジェクトのマイルストーン(Milestone)に参加を経て99年からソロ活動。

・カナダのブリティッシュコロンビア州バーノン生まれのポップ・シンガーでSWでピアニスト、ダニエル・パウターDaniel Powter 1971)。4歳からヴァイオリン、14歳からピアノを習い音楽選考で大学進学するものの自らの音楽性を極めたいと退学してバンクーバーでステージ活動。プロデューサーで録音エンジニアのジェフ・ドーソン(Jeff Dawson)に見出されてデビュー。近年の‘ピアノマン(Pianoman)’の異名なんだそうですね。

 こうした方々から一曲参ります。(友達のサルサまんさんリクエストありがとうございます)。エルキー・ブルックスですね。選曲いただいた動画は、3枚目で最後となる73年のアルバム「シックス・スター・ジェネラル(Six Star General)」1曲目のメンバーでギタリストのピート・ゲイジ(Pete Gage)作。ブリティッシュ・スワンプと評判もセールス面では残念だったロバート・パーマー(Robert Palmer)との男女ツインVoでしたね。

・プラウド・トゥ・ビー・ア・ホンキー・ウーマン - ヴィネガー・ジョー

 Proud To Be (A Honky Woman) - Vinegar Joe

https://www.youtube.com/watch?v=HPED5-u_i88

★2月25日誕生日洋楽ミュージシャンはこの方!(新規これだけ)

■今日誕生日!イギリスのエセックス州ベイシルドン生まれのポップ・シンガー、アイリーン・シアー(Ireen Sheer 1949)。ドイツ系イギリス人です。66年にスティーヴ・ローランド(Steve Rowland)とアルバートハモンド(Albert Hammond)が中心に結成のファミリー・ドッグ「Family Dogg)に途中参加で73年から西ドイツ(現、ドイツ)に拠点を移してソロ活動。ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest)に74年はルクセンブルグ代表として4位、78年には西ドイツ代表として6位の入賞を果たしています。また85年には第14回東京音楽祭に西ドイツ代表として「汚れ泣き瞳(If I Only Wear A Child Again)」の歌唱があります。

そのユーロヴィジョンにルクセンブルグ代表として出場の74年のこちら。残念ながら洋楽ジャパン無反応(^^;。それよりもこの年はアバ(ABBA)の「恋のウォータールー(Waterloo)」がありました。

・バイ・バイ・アイ・ラブ・ユー - アイリーン・シアー

 Bye Bye, I Love You - Ireen Sheer

https://www.youtube.com/watch?v=zcPgmSsHZ-I