読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帯状疱疹

2月23日    帯状疱疹ヘルペス) 

 今日の晨朝のお説教は 浦井先生でしたから 雨が降りしきる中を 勇んで出掛けました。

 今朝の御和讃 源信大師の第20首目を 説かれました・

 

  「極悪深重の衆生は     他の方便さらになし

   ひとえに弥陀を称してぞ  浄土に生まると述べたもう 」

  極悪深重の我々    執着する我々 南無阿弥陀仏を称する事

  恥ずかしくない生き方   人間(健常者)が弱くなっていく

  資本主義の金儲け  病院前の葬儀場  ドライブスルーでお焼香

      → 極悪深重の我々」 

  いつもながら深いお話でした。

 

 昨日の日記に書きましたが 右足首の内側 くるぶしの上 7センチ四方ほどが内側から 午前2時ごろから4時ごろまで きりきりとぎーっという痛みが 2,30秒毎に襲ってきて 寝られなくなります。

 数日続いたので 昨日小西皮膚科に行って 末梢神経痛だと診断され お薬をもらって帰りました。夕食のあと一回飲んだだけですから 昨夜の夜中も 痛くて 目が覚め 二時間ほど寝られませんでした。その後も痛かったのでしょうが 疲れて寝てしまいました。 

 私の素人診断は 帯状疱疹 ヘルペスではないかと思いました。

 私の母は 脳溢血を発症する5年程前に 左眉毛の先上から左目横まで5センチ幅で きりきりとした痛みが走る 髪の毛先が掛かっただけでも 飛び上がるほど痛い!といいました。

 早速に皮膚科に診せましたら ヘルペスと診断されました。

 顔の表面には ヘルペス独特の発疹が全然出ていなかったのですが ヘルペスとの事。

 同じころ 四日市のH先生が 同じところにヘルペスが出て 眉毛の上に 筋子(イクラ)状の粒粒の小水疱が べったりと5センチ幅に左目の横まで出て まるでお岩さん お化けの如くになって 外へ出れられなかったそうです。

 母は 表面には出ないので 平気な顔をして お稽古を続けていましたが 痛くて痛くて我慢がならないと始終言っていました。

 ヘルペスは 最初は2,3日ピリピリとした激しい痛みがあって その後 発赤と小水泡が出てきます。

 高齢者に多く 大病をした後 疲れた後にでてくる。

 常は 右半身か左半身どちらかに症状が出ますが、 私の親友は 頭のてっぺんに出て その痛さは 脳に近いだけに 異常なほどの痛さだったと言っていましたっけ。

 これは 終生 神経の中に 人間と共生する力を持つといいます。

 ですから 母も痛い痛いと言い続け 津市は勿論 鈴鹿市 四日市市の皮膚科の名医と言われる先生の所へ 診せに行きたいと切望しますので あちこち診察に走り回りました。

 

 「ヘルペスはすっかり良く治って 完治しているのですよ。ただ ヘルペスが神経性の病気ですから それに罹ったという気持ち 神経で そう考えただけで ピリピリと痛くなるものなので 自分で 治った 治癒した!との堅い確信を持つよりほか この病気は治ったとは 本人は 思えないので すぐ痛い 痛い まだ治っていないのだ と思ってしまうのです。」

と、どの先生からも言われて 「もう通院しなくていいですからね!」と言われてしまいました。

 私のこの足首のピリピリも 絶対にヘルペスだと思い込んで 昨日も つい 先生に申し上げてしまいましたが 先生の診断は全然違いました・・・

 今日は 朝から三回 薬を飲みましたから 今夜は寝られるかなあ・・・ 

 今日は 駅西教室の特別立花教室でした。

 「立て花」をいけてもらいました。

 先日の小林教授のお話に寄れば お家元側で 「立て花」の準備委員会が立ち上がったばかりで これからいろいろと定義づけ 格付け 考察と検証がなされるとのこと。

 「生花新風体」 「立花新風体」が 次々に発表され そして 「立て花」

 池坊の長い長い歴史の中のほんの一瞬ではあっても 池坊の後世に残るであろう新しい花形が発表されたその時に リアルタイムで存在したということのこの事実は 私の小さな華道史の非常に大きな感動のページとなりました。今 この時を 一時を大切に 一作一作を大事に 慎重に 素晴らしい思い出となりますように いけていこうと思います。